マンション耐震強度偽装問題

公的資金投入



国土交通省は4日、偽装マンション居住者への公的支援策の枠組みを固めた。
国交省は建築確認で偽装を見抜けなかった問題を重視し、支援に踏み切る模様。
一昨年の新潟県中越地震による大規模な自然災害の被災者よりも手厚い支援となる。

国もグルとなっていた後ろめたさか、予想以上の騒動となり沈静化を計る為に焦って手を打ってきたか、某大手企業からの圧力に屈したか…

理由は判りませんが、あまり得策ではないのでは・・・



ロリポップのドメインは選べる全85種類!!

姉歯建築士



千葉県により建築士事務所の登録を取り消された模様。
姉歯秀次建築士は、予定されていた千葉県の聴聞会を欠席。電話にて「体調不良で欠席します。登録取り消しについて不服はありません」と県側に一任。

どのような事情があったかは判りませんが、
建築士である以上こうなる事は予想できたハズ。
自業自得としかいいようがありません・・・



人気blogランキング


ヒューザー



補償は出来ない、建て替えを行う、改修を行う、買い戻す…
二転三転と方針を変えるヒューザー。

国に支援要請を行っているようですが、結局最後は自己破産?
支援金の持ち逃げは許しませんよ…



出光カードまいどプラス★年会費永久無料・特典満載

木村建設自己破産



負債総額57億円。債権者数は1000人以上…

あまりにも早すぎる対応。
何か裏があるんでしょうか・・・




正義はどちら?



恐らく今現在、表面化している問題は氷山の一角だと思われる。

これ以上、詳しい調査を進めれば更に多くの
別の問題が出る事は明かだろう。

その全てを追及していけば、
下手をすれば景気の低迷すら引き起こしかねない。

それでも正義を貫きすべての悪事を暴くのか?
はたまた適当な所で見てみぬふりをして追及の手を止めるのか?

今後の日本を考えると、どちらが正義なのだろうか・・・



人気blogランキング

at 2005/12/05 | BlogRanking | Comment(358) | TrackBack(79) |

インフルエンザ

タミフル



厚生労働省は30日、新型インフルエンザ対策会議にて、治療薬「タミフル」の都道府県ごとの備蓄目標量を人口比8.3%と示した。現在1000万人分を確保したことも明らかにし、うち500万人分について都道府県に購入を要請した。

この8.3%とという数字が妥当なものなのか、なんとも言えませんが、都道府県とのお金の問題で物はあるのに出回らないという事態だけは避けてもらいたいものです。



人気blogランキング

新型インフルエンザ



厚生労働省は14日、世界的な大流行の恐れが高まっている新型インフルエンザへの対策行動計画を正式に発表した。

抗ウイルス薬「タミフル」の備蓄目標を二億五千万カプセルに増やしたほか、国内発生時には未承認ワクチンも接種。厚労相が非常事態宣言し大規模集会の自粛や出勤停止の勧告など一定の活動制限も規定した。

もしインフルエンザが大流行するとえらい事になります…



時給6000円*在宅アルバイト

鳥インフルエンザ



ロシア、クロアチア、中国などで鳥インフルエンザ(H5N1型)の感染が既に確認されており、渡り鳥が飛来する季節になると日本での拡大が懸念されている模様。
台湾ではH7N3型ウイルスが検出された。H5N1型と同様にヒトに感染する可能性があるとしている。

詳しいことはよく解りませんが、H5N1型が流行?



人気のコミュニティサイト

インフルエンザの基礎知識?



あまりにも私の知識が乏しいので調べてみる事にしました。
予想通り、膨大な量の情報がありました。

当然ですが全てに目を通す事は出来ませんし面倒です…


必要な事?をピックアップしておきます。


日常生活でできる予防方法
 1.栄養と休養(睡眠)を十分取る
 2.なるべく人混みを避ける
 3.適度な湿度と温度を保つ
 4.手洗いとうがいを行う
 5.マスクを着用する


ワクチン接種(予防接種)
・賛否両論あるのでコメントを控えます。
・もし受けるのであれば、早めの接種をおすすめします。


インフルエンザとは
・法律で「五類感染症」と定められた感染症です。
・普通感冒(通常の風邪)ではありません。
・急に38〜40度の高熱がでるのが特徴です。
・病原はインフルエンザウイルスA、Bです。
 (なぜか病原がインフルエンザウイルスCだと普通風邪らしいです…)
・潜伏期間は1日〜5日(平均3日)と短めです。
・合併症を引き起こす可能性が高くかなり危険です
・子供ほどかかりやすいです。
・10歳未満、60歳以上は特に危険です。


もしインフルエンザにかかってしまったら
・発症したら48時間以内の受診をして下さい。
 (48時間を過ぎると“普通のかぜ薬”を貰えます…)


詳しくはインフルエンザ情報サービスをご覧下さい…。



インフルエンザの型



インフルエンザウイルスは大きく分けて、A型、B型、C型の3種類。
オルトミクソウイルス科に属するRNAウイルス。


[A型]
・非常に変異しやすい
・毎年流行するほか、爆発的な大流行がある
・アジア型、香港型、ソ連型がある
  ウイルスの表面にある2種類の突起、
  HA:血球凝集素とNA:ノイラミニダーゼの型の組み合わせで表す。
   (アジア型:H2N2)
   (香港型 :H3N2)
   (ソ連型 :H1N1)

[B型]
・変異しにくい
・散発的に小流行を繰り返す

[C型]
・変異しにくい
・大きな流行はおこさない



薬について



A型の場合、48時間以内にシンメトリル(アマンタジン)を使うと症状の治まりが早いそうです。B型には効きません。リレンザ、タミフルはB型にも抗力があります。いずれも特効薬というわけではありませんが、早期使用する事によりかなり楽になります。

通常5日間処方します。勝手に途中で止めてはいけません。



との事らしいですが、自己判断で窓口にいって
『インフルエンザなのでリレンザ下さい』と言ってもダメです。
医師の指示に素直に従いましょう。



デイトレの秘訣お教えします

おまけ



予防接種は受けた後、インフルエンザにかからなくなるものではありません。
その後もしインフルエンザにかかった時に、症状が軽くすむというものです。

予防接種を受けたからといって安心しきっていてはいけません


リレンザやタミフルなどインフルエンザの薬は、ウイルスに直接効くのではなく、ウイルスの増殖を抑えるように働きます。これが早め(約48時間以内)に投与しなくてはならない理由の一つとなっているようです。

ちなみに、インフルエンザは通常4日程で症状が治まっていきます。つまり2日を過ぎて薬を投与したとしても、薬の効果はほとんど期待できないのです。



人気blogランキング
at 2005/12/04 | BlogRanking | Comment(57) | TrackBack(64) |

フランス暴動

その後の様子



シラク大統領がテレビ演説にて強い姿勢で対応する事を強調。
またサルコジ内相はそれ以上に強硬姿勢で対応するとした。
これが功を奏し暴動は全土には広がらず収束していった。

この成果を踏まえてサルコジ内相の支持率が上昇。
シラク大統領を上回る事となった。

しかし、非常事態宣言は解かれておらず、
すべての地域での暴動が治まった訳ではない・・・
(12月初旬現在)

11月下旬に移民規制策として複数妻帯制規制が発表されたが、
暴動への影響はまだ無い様子。

他民族国家の宿命か、問題はまだまだ残る・・・



あなたも月のオーナーになろう

夜間外出禁止令 騒動治まるか?




仏政府はフランス北部アミアンと中部オルレアンなど数都市で夜間外出禁止令を発動させた。

適用されたのは「成人の付き添いのない16歳以下の・成年の外出」の禁止。
アミアンでは「成年へのガソリン販売」も禁止された。

移民系若者らによる暴動はフランス全土に拡大、暴動発生から13日が経過、車が6000台が放火され、1500人が逮捕される事態を受け、仏政府は強硬な措置を導入した訳だがこれで騒動は治まるのだろうか・・・

日本での暴動といえば、阪神タイガースのリーグ優勝の際にファンでない若者のバカ騒ぎが思い出されるが、これとは規模と質が全く違います…


人気blogランキング


パリ11月10日

地中海の観光地ニースやカンヌのあるアルプマリティムなど5所で夜間外出禁止令が出された。
内務省が指定した25所で知事権限により発令が可能となったが、暴動が沈静化の傾向にあることで様子をみている模様。

このまま治まると良いのですが…


人気blogランキング


パリ11月13日

フランス当局は車の放火件数は前日と比べて7割程度に減少しており、迅速に鎮静化するだろうとの見方を示しているが、中心部に近いリヨン郊外で初めて放火が起こっている。車315台が燃やされ、161人が逮捕された模様…



スイートボートのブログ


フランス暴動 一連の流れ



非常に長く続くフランスの暴動、
一連の流れを簡単にまとめてみました。

背景(移民問題・移民政策・移民差別)
多くの移民(イスラム系移民、推定500万人以上)を抱えるフランスは郊外に住宅地をつくり事実上、隔離政策に近い方形となっていた。また移民社会の若者に対する雇用情勢は厳しく、失業率は20%以上とも言われている。仮に大学を卒業したとしても簡単に就職する事ができないという状況に若者たちは苛立ちを覚えていた。

   ↓

発端(2人のイスラム系若者の感電死)
警察の職務質問を受け、変電所に逃げたイスラム系移民の若者2人が感電死した事がきっかけとなった。(どうも報道の仕方が悪かったようです…)

   ↓

加速(サルコジ内相の発言)
サルコジ内相は暴動が始まる2週間程前から議会において、貧困地区で軽犯罪に走るアフリカ系移民の若者たちを「社会のクズ・ゴロツキ」と呼び、波紋を広げていたが、暴動が始まってからも「ゴロツキ集団は私が排除する」と強力な取り締まりを行ない強硬な態度を崩さないことを表明した。これに対し移民の若者たちが更に反発した事は言うまでもない。

   ↓

そして現在へと続く・・・

過去40年間で最悪となったフランスの暴動は、
沈静化の兆しを見せつつも不安な夜を続けている…

人気blogランキング
at 2005/12/03 | BlogRanking | Comment(16) | TrackBack(30) |

ハリーポッター

ハリー・ポッターと炎のゴブレット



11月25〜27日の全米映画興行収入ランキングは、ハリー・ポッター・シリーズの最新作「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」が5490万ドルで、2週連続トップに輝いた。

全世界での興収は2週間で総額4億800万ドル。

今週から公開となった日本では国内史上5番目の1430万ドル、イタリアでは史上最高の940万ドル、スペインでも史上2番目の800万ドルとなり全世界で大ヒットしている。


ちなみに、私は最新作のハリー・ポッターと炎のゴブレットについての予備知識が全く無い事をあらかじめ断っておきます・・・


おそらくストーリーの展開はこんな風だろう・・・


4作目となり、幼かったハリーも青年へと成長。

とうとう試練を迎える時が来た。

いにしえの時代より生き長らえる伝説のドラゴン、

炎のゴブレットとの対決の時が来たのだ。

雄叫びをあげ猛り狂うゴブレット!

大きく裂けた口から吐き出される烈火の嵐をかいくぐり

懸命に戦うハリー

何度も挫けそうになりながらも立ち上がるハリー

君の後ろには偉大な父と母がついている

頑張れハリー!!

負けるなハリー!!!

地球に平和がもどるまで、力の限り突き進め!!!



最新のSFXテクノロジーを惜しみなく駆使した映像は、
全世界の観客を魅了し続けている…




人気blogランキング
ブログを書いて100万円ゲット!![ランキングオンライン]

at 2005/12/01 | BlogRanking | Comment(143) | TrackBack(31) |

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。